スペイン留学までの手続きの流れ(ビザあり)

学校選択から日本出発までの流れ

長期学生ビザや短期学生ビザを取得し、語学学校にスペイン語留学をする際のフローチャートです。

出発から何ヶ月前、という記述を入れていますが「学校から郵送されてくる入学許可証が紛失したor届かない」、「ビザ申請の書類の種類が突然変更された」、「ビザの許可が下りるのに、通常より時間がかかった」などの小さなトラブルはつきものです。

フローチャートはあくまでも参考で、すべてチャートの用に留学準備が進むわけでないことをご理解下さい。準備は早ければ早いほどスムーズに進みます。また、翌年の留学予定でも前年に支払いを済ませると授業料や宿泊料金が安くなる場合もあります。

出発約5ヶ月前:興味のある学校の見積もりを請求➡学校決定

学校に申し込みをする前に、パスポートの有効期限をチェックして下さい。
入学申し込み時や学生ビザ申請時に、留学期間をカバーしたパスポートの番号が必要です。有効期限が足りなければまずは新しいパスポートを早めに取得することをお勧めします。

出発約4ヶ月前:入学申し込み➡支払い➡入学許可書送付

スペインと日本の郵便事情は悪く、普通郵便で入学許可書を送付する場合は10日前後時間がかかります。支払い方法や入学許可証などの送付方法は学校によってまちまちです。ビザ申請が可能なコース開始3か月前までに書類が手元に届くように動きましょう。

出発約3.5ヶ月前:入学許可証の原本入手&書類集め

学生ビザ申請のため入学許可証以外の書類あつめも同時にスタートします。余り早く用意すると期限切れとなる書類もあるのでご注意ください。

出発約3.ヶ月前:ビザ申請

スペイン大使館領事部にビザ申請が出来るのは、出発3か月前(90日)からです。スペイン大使館では2か月前までの申請を推奨しています。本人出頭が必要です。

短期学生ビザは長期学生ビザよりも審査時間が短く、約2ヶ月前に書類提出でも間に合うようです。余裕を持って準備をするためにも、留学スタート3ヶ月前の申請がベターです。

出発約4~2週間前:ビザ受け取り&学校との最終連絡

学生ビザ認可後スペイン大使館でスペイン学生ビザが添付されたパスポートを受け取ります。

また、語学学校にフライトスケジュールの連絡、初心者以外はレベルテストの受講などを行います。学校から宿泊先や時間割のお知らせがあるのは出発2週間~3日前の間です。

スペインへ出発!

スペイン入国は、ビザ許可通知書に記載された日より90日以内です。

スペイン入国時に必ずパスポートに入国スタンプを押してもらって下さい。スタンプがもらえなかった場合は航空券は捨てずに保管して下さい。スペイン入国後1か月以内に手続きを行う学生滞在証(Tarjeta de estudiante)申請時に必要となります。

関連記事

  1. スペイン留学&ワーホリに使えるスペインの格安海外留学保険

  2. 短期・長期・ワーホリ?ビザの種類について

  3. スペインの学生ビザ・ワーホリビザ発給再スタート

  4. スペイン学生ビザ申請書の書き方

  5. スペイン長期・短期留学ビザ申請方法