スペインタイル・絵付け教室(バレンシア)

スペイン人プロ陶芸家からスペインタイルの絵つけを学ぶ

自由な時間がたくさんある留学&ワーキングホリデー生活。積極的に習い事やイベントに参加すると自然に趣味や習い事を通して現地のスペイン人と出会え、スペイン語の勉強にもなり一石二鳥です。

バレンシア留学あるいはワーキングホリデー中にスペインタイルの絵付けや陶芸を取得してみませんか?

スペインタイル工房「Per amor a l’art」

バレンシアの中心地にあるレイナ広場(Plaza de la Reina)のパサージュを抜けると、Plaza Miracle del Mocadoretという、こじんまりとしたかわいらしい広場にスペインタイル工房「Per amor a l’art」があります。

こちらのスペインタイル工房Per amor a l’artでは、オーナーのモニカさんとマカさんが個人製作をするだけではなく、伝統的なスペインタイルの絵つけ(マヨルカ、クエルダセカ、ソカラトなど)や陶芸などのレッスンを受けることが出来ます。

オーナーでレッスンを担当するモニカさんは、穏やかで物腰のやさしい女性で、工房に伺った日は上品なスペイン人セニョーラと和やかな雰囲気でレッスンを進めていました。モニカさんには日本人の生徒さんや、アーティスト仲間がいるようで、とっても日本人びいき。日本人の礼儀正しいところや繊細な感性、真面目な姿勢がとても好ましいそうで、スペイン語が出来なくても日本人の生徒さんを持つことは大歓迎だそうです。モニカさんは「私とレッスンすればスペイン語の勉強になるわ!」とコメントしてくれたので、学校以外でもスペイン語を勉強するチャンスですね。

スペイタイル工房「Per amor a l’art」

レッスン:マヨルカ、クエルダセカ、ソカラトなどの伝統的な手法も学ぶことが出来ます。少人数制なので予約が必要です。

プエンテ・スペイン留学を通してバレンシアの語学学校へ入学申し込みをした方には特別サービスとして、レッスン見学や初日の予約を無料でお手伝い致します。
お気軽にお問い合せ下さい。