スタッフ留学体験記3:私の留学前のスペイン語の勉強法

スペイン留学前のスペイン語レベル

プエンテ・スペイン留学」代表の盛千夏です。
今回は、私のスペイン留学前に私が行った勉強方法です。

スペインに留学前も頑張ってスペイン語を勉強するぞ!と思った物の仕事をしつつ学校に通えたのは週1回。1つ目の仕事は両親の仕事の手伝い、その後早朝から15時勤務のカフェのアルバイトに変えてからは、余裕がある時は通勤路にあったスタバで毎日1時間~2時間勉強でした。

スペイン留学直前の私のスペイン語レベルはずばり初級、今のレベルでいうならA1からギリギリA2程度でした。

留学せずにスペイン語B2レベルになる人と比べれば、超スローペースの勉強ですよね。当然バレンシアでスペイン語留学をスタートした時、同居人となったアイルランド英語留学時代の友人R君とは英語での会話でした…。

スペイン留学前の勉強:スペイン語教室

私はスペイン語の会話中心のレッスンからスペイン語を専門に教えるスペイン語教室に変えてからの方がスペイン語力は上がったと思います。会話中心と言うと聞こえがよくペルー人の先生もノリがよくそれなりに楽しかったのですが、クラスは2人しかおらず、体系的にスペイン語を教えてもらうという雰囲気ではなかったのです。

その次の学校はクラスメイトが多い時で5人(少人数制!)ぐらいで、初心者としてしっかりスペイン語+日本語で授業をしてもらえました。クラスメイトは女性でみなスペインが好き・フラメンコが好き・いつかスペインに留学したい!というような人ばかりで話も弾んだし学校に通うモチベーションにもなりました。

スペイン留学前の勉強:ラジオを活用

スペイン語教室に通う以外に私がやったのはラジオを聞く事。NHKラジオ講座には本当にお世話になり、時間が許す限り聞いていました。意味が分からないことがあってもとにかく耳をスペイン語に慣れることが大事です。恥ずかしくても一緒に発音してみるのも大事。

また、当時の私はInter FMのスペイン語放送を流し聞きしていました。全然分からなかったけれど、知っている単語が出てくるとうれしいんですよね。(アルゼンチンの方がパーソナリティを勤めていたような気がしますが、当然当時はアルゼンチンとスペインのスペイン語の違いなどはわかりませんでした。)

映画もスペイン語映画を観に行ったり。今だったらスペイン語ニュースや映像をネットでチェックするといいと思います。ニュースはスペインの政治や経済ではなく、日本でも話題になった世界的なニュースが分かりやすくてお勧めです。

今だったらこうやってスペイン語を勉強する!

もし今スペイン留学前の状態に戻れるならば、この時代ならオンラインのスペイン語レッスンを受けてみると思います。
家にネット環境が整っていれば自分の好きな時間にスペイン語を勉強することが出来ます。マンツーマンでちょっとモチベーションが落ちるかもしれませんが通わなくて家から勉強できるし、ある程度のレベルになったら個人授業なのでこんな授業にして欲しいと要望も出せます。

スペインに留学するならばスペイン人の先生を探してください。なまりを気にするという事ではなく初心者は色々な発音を聞くと混乱するから。文法や単語にも違いがあるのでスペイン留学と決めているなら取り敢えずはスペインのスペイン語から入った方がいいです。
もちろんいずれB2以上になったら、どの国のスペイン語もわかるわ!というレベルになる必要がありますが。

関連記事

  1. スタッフ留学体験記2:スペイン語学校選びと学生ビザ申請

  2. スタッフ留学体験記1:スペイン留学決意から都市決定