セビージャ

セビージャの基本情報

アンダルシアの首都セビージャ(Sevilla)は、スペイン南部の商業、経済、カルチャーの中心地。

セビージャは、アンダルシア州の州都でスペイン南部の商業、経済、文化の中心地であり観光都市としても栄えています。人口は約70万人で、バレンシアにつぐスペイン第4の都市です。

アンダルシア文化を堪能したいけれど退屈したくないので大きな町で留学したいという方に向いています。

また、スペイン三大祭りの一つセビージャの春祭りやセマナ・サンタ(イースター)のお祭りも有名なのでお祭り時期にスペイン留学を考えているかたはセビージャでお祭見学+スペイン語留学と言うのもお勧めです。

フラメンコも盛んなので、午前中はスペイン語の勉強、午後はどっぷりフラメンコに浸かる…と言ったスペイン語+フラメンコの留学もかないます。

リーガエスパニョーラの1部に属するSevilla Fútbol Club(セビージャ)とReal Betis Balompié(ベティス)の本拠地もセビージャにあり、セビージャvsベティス戦は町が2つに分かれるお祭り騒ぎとなります。本場のスペインサッカーも是非お楽しみください。

セビージャの気候

セビージャの夏は、「アンダルシアのフランパン」と言われ、ヨーロッパでは同じくアンダルシアのコルドバについで特に夏が暑い街と言われています。冬も意外と気温が下がる寒暖の差が激しい場所と言えそうです。
夏の日差しはかなり厳しいので、いわゆるシエスタの時間帯にあたる14時~17時は現地のスペイン人を見習って家でゆったり過ごしましょう。サングラスも必須です。
ただし、湿度は日本より低く日が落ちると気温も日本の夏に比べると下がります。ゆったりシエスタをして、スペインのナイトライフを楽しみたい人にはもってこいかもしれません。

セビージャへのアクセス

日本からの直行便はありません。

マドリード-セビージャ間は、スペインの新幹線AVEが運行し、所要時間は3時間弱。日本-マドリード間はイベリア航空の直行便を使い、マドリード-セビージャは電車での移動も可能です。

またセビージャを拠点とし、その他アンダルシアの都市へもたくさんのバスや電車が走っており、アンダルシア地方では一番公共の交通機関が整った町と言えます。

セビージャの国際空港(サン・パブロ空港)は、市内から約10キロの位置にあります。欧州大手航空会社だけではなく、VuelingやRyanairなどのLCCのフライトも就航しています。空港から市内まではバスかタクシーの利用となります。バス(EA)の所要時間は約35分、タクシーはセビージャ市内まで30分程度、料金は20ユーロ~35ユーロ程度です。

セビージャの観光

セビージャはいわゆる日本人がイメージする、太陽と情熱のフラメンコや闘牛の本場です。観光都市としても有名で、市内にはたくさんの観光施設があります。

アルカサルは世界的に大ヒットしたアメリカのドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影地にも選ばれました。インディアス古文書館は世界遺産に登録されているので要チェック!セビージャ留学中あるいはワーキングホリデーで滞在中は興味がなくとも是非一度はタブラオで本場のフラメンコを楽しんでみて下さい。

セビージャの語学学校

Giralda Center(ヒラルダ センター)

セビージャ中心部のセルバンテス認定校。

移転した校舎は新しく、最新設備が整っています。スペイン人向けの語学コースもあり、学校自体にとても活気がありますが創立当初のアットホーム な雰囲気は残っており、秘書を初め校長なども皆とても親切です。

関連記事

  1. マドリード

  2. バルセロナ

  3. バレンシア

  4. グラナダ

  5. マラガ