マラガ

マラガの基本情報

アンダルシア・マラガ県の県都マラガ(Málaga)。人口は56万人で、スペイン第6位の都市です。地中海のリゾート地コスタ・デル・ソル(Costa del Sol)の中心でスペインのみならずヨーロッパ中から太陽とビーチを求めて観光客れ、白い村ミハスやロンダ、ネルハなど小さい美しい村へのアクセスも良好。

画家のピカソの出身地としても有名で、ピカソ美術館だけではなく現在はマラガ市がカルチャーに力を入れ新しい美術館や博物館もたくさんオープンしています。スペインのみならずアメリカでも活躍する俳優アントニオ・バンデラスもマラガの出身です。

カテドラル、ローマ劇場、アルカサバ、ヒブラルファロ城、ピカソの生家など見どころも多く、ヨーロッパからの外国人留学生や観光客も多くビーチ沿いの町で治安も良好、物価もスペインの中央部や北部、カタルーニャ地方に比べると安いので生活しやすい町です。

治安も良好で、ゆったりとした地中海ライフを楽しみたい方、日本人が少な目の地域に行きたい方にお勧めの町です。

マラガの気候

地中海性気候。冬は温暖で、夏は暑くなりますが日本と比べると湿度は低く過ごしやすい。年間を通して雨天日は50日弱で、ほぼ傘が要らない生活ができます。6月半ばごろからビーチで泳ぐことも可能。日差しが強い時は、冬でもサングラスは必須です。日向と日陰でかなりの気温差があります。

マラガへのアクセス

日本からマラガへの直行便はありません。

アンダルシア最大規模の国際空港「マラガ・コスタ・デル・ソル空港」があり、スペインのみならずヨーロッパ各地からLCCをはじめたくさんの航空会社の乗り入れがあります。マドリードまで飛行機、その後陸路を使う場合はマドリード・アトーチャ駅からのAVE(スペインの新幹線)があり、所要時間は3時間弱。

大きなスーツケースを抱えての移動やマドリード到着後に電車チケットを購入する事など不安がある場合は、マラガまでのフライト購入をお勧めします。また短期留学の場合は移動時間がもったいないので出来ればマラガ発着のフライトがお勧めです。

マラガ国際空港から市内のアクセス

公共の交通機関は3つありますが、荷物が多い場合などはタクシーを利用した方が安心です。少し割高になりますが、語学学校に申し込みをした場合は送迎サービスの利用も可能です。

  • 近郊線(Cercania、セルカニア):マラガ中心部まで約12分。空港乗り入れ駅のAeropuerto(アエロプエルト)から、Málaga-Centro Alameda行きに乗る。終点駅が中心部。
  • バス:30分舞に運行。マラガ中心部まで約30分~40分。
  • タクシー:中心部まで約20分。

マラガの観光施設や見どころ

地中海の有名リゾート地「Costa del Sol」(コスタ・デル・ソル)の中心地。北ヨーロッパからの観光客に人気の都市・ビーチリゾートとして知られ、マラガ空港にはLCC便がたくさん発着する。スペイン滞在中に北ヨーロッパなどえ旅行したい人にもお勧め。

マラガからは、セビージャ、コルドバ、グラナダ、ハエンなどバスが発達してる。白い村として知られるミハス、フリヒリアナ、ネルハなどのへのアクセス良好。

マラガ市内近郊の観光施設

マラガの語学学校

Instituto Picasso(インスティテュート・ピカソ)

マラガ中心部の学校。

ピカソの生家もある広場にある学校で校舎は歴史ある建物を使用しています。20週間以上申し込むと授業料がかなりお得な学校です。DELE試験対策などにも力を入れています。セルバンテス認定校なのでビザ申請も安心です。

Debla(デブラ)

マラガ市内から徒歩10分程度の閑静な住宅地にある学校。ビーチも近くスタッフもとても親切で、アットホーム&ゆったりした雰囲気でスペイン語を学びたい方には最適の学校です。

セルバンテス協会認定校なのでビザ申請も問題ありません。Tarjeta de estudiante申請時などのサポートも充実。

関連記事

  1. グラナダ

  2. マドリード

  3. バレンシア

  4. セビージャ

  5. バルセロナ