[`yahoo` not found]
LINEで送る

スペイン人とアパートシェアしよう!

語学学校が斡旋する宿泊先は、部屋に鍵がついている、清掃サービスがある、トラブルがあっても学校が対処してくれる、光熱費は家賃に含まれている、と言った利点もありますが、長期滞在になると割高になる場合があります。

なるべく安くスペインに長期滞在をしたい人や、スペイン人と住んで見たいけれど、ホームスティよりも自由にしたいと言う方にはスペイン人とのアパートシェアがオススメです。

友人や知人のコネで探す

知り合ったスペイン人や、学校の友達、クラスメートに「引っ越しをする予定だ」ということをどんどん伝えて下さい。スペインはコネ社会なので「今いる同居人が引っ越す予定で…」と「新しいアパートを見つけたから出て行く…」なんて話が入って来ます。

まずは家賃を確認し、部屋を見せてもらってから返事をしましょう。気に入らなければきちんと断れば大丈夫です。

インターネットでアパートシェアを探す方法

プエンテ・スペイン留学を通して入学手続きをされた方は、アパートシェアの広告テキストの添削や文章作成のお手伝いを致します。(貸主とのコンタクトは各自ですることになります。)

ここではLOQUOという、広告サイトで探す方法を紹介します。私も昔はよくお世話になりました。

LOQUOのトップページ

まず、LOQUOのトップページ一番左から都市を選択します。(赤い線で囲ってあるところ)

そして、次の画面で、「compartir piso / alq habitación」(アパートシェア/部屋貸します)をクリックします。(緑の線で囲ってあるところ)

スペイン語で文章を書くのが億劫でない人は、1つ下の「busco habitación」(部屋を探しています)に、自分の広告を載せることも可能です。
大体、スペイン人でない場合は、出身、性別、年齢、学生or仕事をしている、どの地域で部屋を探しているか、予算、その他もろもろを書きます。広告を掲載すると、部屋の借り手を探している人がコンタクトを取ってくれることも結構あります。私もバルセロナでは私が掲載した「部屋を探しています」広告を見てメールをくれたスイス人の女の子とアパートシェアしていました。

とはいえ、条件と全くかけ離れたオファーや、部屋探しとは関係ない内容のメールも届くことがあるのも事実。誰が広告を見ているかわからないので、携帯電話番号は掲載せず、メールアドレスだけがいいと思います。ただし急いでいる場合は携帯電話番号を載せてた方がいいかも。

LOQUOの部屋貸しますページ。とりあえず、都市は物価が安くて治安の良いバレンシアで見てみましょう。

アパートシェアの条件(特に家賃)が明確になっている人は、右の画像で赤く囲まれたところで絞り込み検索をしてもいいと思います。

家賃が漠然としている、より多くの物件の広告を見てから決めたいという方は、1つずつ広告を見ていくと良いと思います。広告タイトルには、殆ど家賃が出ているので余り高いところは避けて行くといいと思います。(安すぎるところも怪しいです)

部屋を貸しますという広告はたくさんあるので、時間を無駄にしない方法は写真のある広告だけをピックアップすることです。

LOQUOの広告の順位は、Top Anunciosと書かれているセクションは広告費を出して上位掲載しているものでが、それ以外は広告を掲載した順、つまり最新の広告が一番上になります。

ここでは写真もあって、まだ新しい広告の家賃150ユーロのシェアアパートをクリックしてみます。

LOQUOの広告。広告ページ内には、部屋を貸す条件が明記されていることが殆どです。

この広告がシェアメイトに求めることは、

学生(女性)、きれい好きで、責任感があり、他人を尊重できること。

アパートについては、学生(女性)しか住んでいないこと、バス、地下鉄、路面電車あり、大学までは10分、パン屋、八百屋、病院、バル、薬局、スーパー、図書館などが近くにあり、アパートにのキッチンには、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、食洗機やオーブンが付いていると書かれています。

150ユーロの家賃にはすでにインターネットやガス代が含まれているそうです。

部屋には寝具、タンス、机、椅子など生活に必要な物は全て揃っているようです。面白いのが各部屋に洗濯物干しがあること。各部屋とも日当たり、換気良好だそうです。

取り敢えず気に入ったところがあったら、画面右の赤く囲ったところ、「Contactar con el anunciante」(広告主とコンタクトを取る)からメールを送って見ましょう。上の空欄にはメールアドレス、下の空欄には、メッセージを書き込みます。

急いで次の宿泊先が必要な人は、直接電話をしてみるといいでしょう。あるいは、メッセージ欄に携帯電話番号を残して下さい。それ以外は、アパートを借りる期間(予定)、職業、年齢、国籍、を書くといいと思います。

スペインでは日本人=礼儀正しい、家をキレイに使ってくれる、静かというイメージなので日本人であることをアピールすると、アパート探しには有利ですよ!