スペインのクリスマス:王様ケーキ「ロスコン・デ・レジェス」

スペインのクリスマスは1月6日まで!

スペインでは、クリスマスイブとクリスマス当日も大事ですが、この2日でクリスマスが終わりではありません。

スペインのクリスマスは1月6日のレジェス・マゴス(Reyes Magos、東方三賢人の日)までとされ、この日が過ぎるとクリスマスのイルミネーション、クリスマスツリー、ベレンなどが取り払われやっと通常運転となります。

王様ケーキ「ロスコン・デ・レジェス」

1月6日のレジェス・マゴス(Reyes Magos)の日に食べるケーキは「ロスコン・デ・レジェス」(Roscón de Reyes)と呼ばれます。円形で真ん中は空洞で、大きなドーナツのような形をしています。中には生クリーム、チョコレートクリーム、そしてカベジョ・デ・アンヘル(Cabello de angel、天使の髪という意味)と言うそうめん南瓜を使った激甘クリームがはいっています。クリームは一つの場合もあれば、生クリームとチョコレートが半々の場合も。

そして忘れては行けないのが、フェーブ。
フランスのガレット・デ・ロワと同じようにフェーブが入っているんですが、スペインの王様ケーキにはフェーブは2つあります。お人形に当たった人は、その日は1日王様で、ケーキに付属でついてくる紙の王冠をかぶります。もう1つのフェーブである乾燥そら豆が当たってしまった人はケーキの代金を全額負担です!

1月6日が近づくと、スペイン全土のパン屋、ケーキ屋、スーパーなどでロスコン・デ・レジェスを売り出します。

人気のお店だと予め予約しておかないと購入出来ないぐらいです。日本の美味しいケーキやパンには敵わない素朴な味ですが、オレンジで風味付けされていてとてもスペインらしいケーキ(パン?)です。

残念ながら大きなサイズしかなく、1人では絶対に食べきれないのでぜひ語学学校のクラスメート、現地で出来た友人、アパートのシェアメイトなど仲間を誘いあって食べてくださいね。パン屋で購入するロスコン・デ・レジェスは結構なお値段がしますが、スーパーの冷凍食品売り場にあるロスコン・デ・レジェスはお手頃価格です。ロスコン・デ・レジェスを食べると長かったスペインのクリスマスもやっと終了です!

関連記事

  1. 2013年にもらったLote de Navidad:その他も色々。

    スペインのお歳暮:Lote de Navidad

  2. スペインの冬のセール

    スペインの冬のセールってどんな感じ?

  3. スペインの忘年会、クリスマスパーティ

    スペインの忘年会ってどんな感じ?

  4. バレンシアのアイスコーヒー。レモン入り!

    スペインのコーヒーの種類