スタッフ留学体験記その3:私の留学前のスペイン語の勉強法

プエンテ・スペイン留学」、「バレンシア・スペイン留学」代表の盛千夏です。
今回のコラムは、私のスペイン留学前のスペイン語レベルと実際に行った勉強法についてです。合わせて下記の記事もご参考下さい。

スペイン留学前のスペイン語レベル

スペインに留学するまでに日本でもがんばってスペイン語を勉強しておこうと、気合いだけは入っていたものの、仕事をしつつ週1回のスペイン語レッスンだったので上達具合は亀の歩み。

スペイン留学直前の私のスペイン語レベルはずばり初級、今のレベルでいうならA1からギリギリA2程度でした。

日本では超スローペースで勉強して、現在形だけは何とか動詞の活用を口にできるレベルでスペインへ。駅で電車のチケットを買うぐらいは出来ましたが、アイルランド留学時代に知り合ったスペインでの同居人R君とはすぐに英語で会話となってしまいました。

スペイン留学前の勉強

日本人の場合、初心者は出来れば独学よりも学校に通った方良いと思います。私もスペイン留学前に2つの語学学校に通いました。

クラスメートがいればモチベーションも上がるし、やっぱり日本人はきっちり文法を体系だって教えてもらうのが合っていると思います。日本で初めに通った学校は格安で会話中心だったけれど、その次に通ったスペイン語学校文法もきちんと教えてくれたので、少しずつスペイン語力がUPしていったのを感じました。

スペイン語学校は良いクラスメートと先生に恵まれ、楽しく通いましたが、それ以外の勉強法は、NHKラジオ講座を時間が許す限り聞くこと。その時はわからなくても耳がスペイン語に慣れることが大事です。恥ずかしくても一緒に発音してみるのも大事。

また、当時の私はInter FMのスペイン語放送を流し聞きしていました。全然分からなかったけれど、知っている単語が出てくるとうれしいんですよね。(アルゼンチンの方がパーソナリティを勤めていたような気がしますが、当然当時はアルゼンチンとスペインのスペイン語の違いなどはわかりませんでした。)

映画もスペイン語映画を観に行ったり。今だったらスペイン語ニュースや映像をネットでチェックするといいと思います。ニュースはスペインの政治や経済ではなく、日本でも話題になった世界的なニュースが分かりやすくてお勧めです。

次回の「私の留学体験記」は、「スペイン留学前に勉強しておくと良い事」です。

関連記事

  1. スタッフ留学体験記その2:学校選びと学生ビザ申請

  2. スペイン留学前の勉強方法

    スタッフ留学体験記その4:留学前のスペイン語勉強法&留学後役に立つこと

  3. スタッフ留学体験記その1:スペイン留学決意から都市決定まで