スタッフ留学体験記その1:スペイン留学決意から都市決定まで

プエンテ・スペイン留学スタッフのスペイン留学体験記

「プエンテ・スペイン留学」代表の盛 千夏(もり ちなつ)です。

これから「スタッフ留学体験記」として私の留学準備から留学生時代、そしてバルセロナで就職&労働許可取得、スペインでの仕事などをつづっていきたいと思います。私事の体験談ですが、スペイン留学を考えている方、スペインに長期滞在したい方、スペインで仕事がしたい方のお役に立てれば幸いです。

初めて留学生としてスペインのバレンシアに来たのは1999年。1年半の滞在後、一度日本に帰国し留学資金をためバレンシアに再留学、その後バルセロナで仕事をみつけ就職学生滞在証(Tarjeta de estudiante)から労働許可(Permiso de trabajo)へ書き換えを行い、俗にスペインの永住権と呼ばれるPermiso de residencia de larga duraciónを取得しました。

スペインへ留学を決めるまで

両親から海外に1年行ってもいいと言われた私は、高校を卒業し半年間のアルバイトのあとアイルランドに留学しました。英語を学んで日本に帰国当初、若かった私は英語も出来るようになったし、就職もなんとかなるかなと思っていました。 でも日本には英語がネイティブ並に出来る人は探せば結構いるんですよね。世間知らずでした。取りあえず探した英語を使う派遣の仕事はたくさんあったものの、当時の私の英語レベル(TOEICで850点ぐらい)では英語だけでは少々心もとなかったので、もう一つ特技を増やすことにしました。

私の得意な事&好きな事が語学だったので、スペイン語を選択。アイルランド留学後にヨーロッパを3ヶ月ほど旅行した時に居心地の良かったのがスペインだったのと、イタリア語もやってみたかったけれど、6カ国語を操るイタリアの友人に「イタリア語はイタリアでしか通じないから、スペイン語にすれば?」ってアドバイスを受けたんです。 もう一度スペインに行ってみたいな・・・という思いもあったので、スペイン留学を夢見て、仕事をしながら週1回でスペイン語レッスンを開始。

初めは会話が多めの英語とスペイン語の授業がある学校へ、その次はもう少し文法もしっかり勉強出来る、東西文化センターで学びました。私のクラスは校長先生のヘスス・マロト先生が担任で、先生は私より日本語が上手でした笑。

留学先はバレンシアに決定

バレンシアを留学先に決めたのは、アイルランド留学時代の友人で、ずっと文通をしていたR君がバレンシア出身だったから。当時のアイルランド留学時代の友達とのやりとりは文通です。まだメールさえも余り普及していませんでした。

スペイン留学の相談をすると、R君のお姉さんが大学を卒業し、彼ら姉弟と幼なじみA君が一緒に暮らしていたアパートに1室空きが出るから、是非来いとの事。 手紙には「家賃は光熱費込みで15,000ペセタ」って書いてありました。当時のレートで15,000ペセタは約12,500円。日本人の感覚で、「1ヶ月12,500円って事はないよねー、1週間12,500円でしょ?」と返信したのを覚えています。 R君からの答えは「1ヶ月12,500円!」。

当初はスペインの家庭の雰囲気を味わいたくてホームスティを考えていたけれど、こんなオファーもうないだろうと軌道修正して、R君のアパートにお世話になることに決定! 今でもバレンシアの物価はスペイン第三の都市であることを考えると安いとは思いますが、ペセタからユーロに切り替わる前のスペインは物価がとても安くて、1999年のバレンシアの物価は日本の半分から1/3ぐらいの感覚でした。

スペインの情報について今ほどネットが普及しているわけでもなく、首都のマドリード、ガウディのバルセロナ、フラメンコのアンダルシアと違い、観光地としては地味目のバレンシアに留学してくる日本人学生は目的や友人が住んでいる、という理由のある人が多かったです。

反対にビーチがあり、温暖な気候で治安も良く物価も安いという理由でヨーロッパからの留学生はとても多かったです。これは今でもそうかも。ヨーロッパでのバレンシアの知名度と日本での知名度にはかなり差があり、日本人学生もそれほどいません。

関連記事

  1. スタッフ留学体験記その2:学校選びと学生ビザ申請

  2. スタッフ留学体験記その3:私の留学前のスペイン語の勉強法

  3. スペイン留学前の勉強方法

    スタッフ留学体験記その4:留学前のスペイン語勉強法&留学後役に立つこと