スペインのコーヒーの種類

バレンシアのアイスコーヒー。レモン入り!

地域によってコーヒーの種類や名称が違う

スペインで一番コーヒーの種類が多いと言われているのが(あるいは有名なのは)マラガでしょうか。

また、マラガほどではなくともスペイン各地にはその地域特有の名称やコーヒーがあります。

例えば私の住んでいるバレンシアでは、Café Bonbón(カフェ・ボンボン)、あるいはBonbón(ボンボン)と言えば、チョコレート・ボンボンのことではなく、エスプレッソにほぼ同量の練乳を入れたコーヒーの事です。もちろん激甘で今だこれが大好きという日本人にはお目にかかった事はありません。

コーヒー豆を卸している会社も地域によって様々です。スペインのアイスコーヒーは、まずエスプレッソのカップに砂糖を入れて溶かし、次に熱々のエスプレッソを氷の入っているグラスにじゃーっと注ぎます。日本のようなガムシロップもないのでこうやって各々自分でアイスコーヒーを作る事になります。

さらに、バレンシアのアイスコーヒー(Café con hielo、カフェ・コン・イエロ)には、画像のように半々ぐらいの確率でレモンの輪切りがついてきます。意外な組み合わせですが中々美味しいですよ。

コーヒーの種類と名称

スペインで一般的なコーヒーの種類をピックアップしてみました。

  • Café sólo(カフェ・ソロ):エスプレッソ。
  • Cortado(コルタド):Café sólo(カフェ・ソロ)にミルクを少し足したもの。
  • Café con leche(カフェ・コン・レチェ):エスプレッソにミルクを多めに入れたもの。カフェオレ。
  • Café con leche(カフェ・アメリカーノ):アメリカンコーヒー。エスプレッソに熱湯を足して作ります。
  • Descafeinado(デスカフェイナド):カフェインレスコーヒー。Solo Descafeinado、Cortado Descafeinado、というように使います。
  • Café con hielo(カフェ・コン・イエロ):アイスコーヒー。Cortado con hieloもあります。Café con leche con hieloはスペイン人は注文しませんが、頼めば出してもらえます。ただ、氷の量が少なくて美味しくないかも?
  • Carajillo(カラヒージョ):エスプレッソに、ラムやブランデーのリキュールを垂らしたもの。

上記のリストが基本になるコーヒーですが、「Cortado(コルタド)のカフェインレスで、コーヒーの量は少なめ、牛乳はぬる目」やなんて自分の好きなようにカスタマイズ出来ます。レストランやバルのサービスの人は大変ですけどね。スペインでぜひお気に入りのコーヒーを是非見つけて下さいね。

関連記事

  1. スペインのクリスマス:王様ケーキ「ロスコン・デ・レジェス」