スペインのチップの相場

スペインのチップは義務ではない

スペイン語でチップはpropina(プロピーナ)と言います。

海外に行くと、日本みたいにチップがない文化っていいなーって思いませんか?
慣れない国や地域によって、いつもどれぐらい置けばいいのか、私はいつもすごく悩んでしまいます。

スペインでまず初めに知っておかなければいけないのは、スペインのウェイター達はチップが生活の糧ではありません。アメリカみたいにチップ=一番大きな収入源ではないので、サービスに不満があればチップなしでお店を出ても全くかまいません。
でも、普通の対応をしてくれたら、少しは置くのがスマートです。特にこれからも通いたい、常連になりたいと思うお店ならなおさらです。

レストラン・バル・カフェのチップ

マドリッドのように、カフェ1杯でも小銭を置いたり、バルセロナのようにお昼の安いメニューぐらいではほぼチップなしだったり、バレンシアのようにビール1杯ではお釣りを取ったり取らなかったりと地域差、なおかつ個人差があるのがチップ。

でも、目安はこんな感じでしょうか?

  • 学生街のバル、ピザ屋、安い中華料理店:合計が38ユーロであれば、40ユーロに切り上げたり、あるいは1人50セントぐらい。安いお店ではディナータイムでもチップをおかない人はたくさんいます。
  • バルやレストランのランチメニュー(10ユーロ程度):気持ち程度の20~50セントぐらいかな? もし小銭がない場合はお昼のメニューなので無理しなくてもいいでしょう。
  • カフェやバルで飲み物::10セントや20セントなどのお釣りをチップに。たまたまコインがあればという程度でそれほど気にしなくてもいいです。
  • レストラン::4名でお会計が100ユーロ以上であれば、3~4ユーロ程度。100ユーロ~150ユーロの場合は4~5ユーロ、つまり1人1ユーロ置けばお店も喜ぶはずです。ただし、普通の学生で、1人25ユーロもするようなディナーは中々食べる機会はないので、参考までに。

留学生には余り関係ないかも知れませんが、ミシュランの星付きや、格式の高いお店ではもう少し多くてもいいかも。4人で10~20ユーロぐらいかな…。

レストランではメニューやワインを選ぶのを手伝ってくれたり、要望や融通を聞いてくれた場合や、サービス係の対応なんかによって臨機応変にチップの額を変えて下さい。

クレジットカード払いで小銭がでない時は、お店の人に33ユーロのお会計だけれど、35ユーロ引き落として下さいと言うこともできます。あるいは紙幣を両替してもらう事も可能です。

ちなみに、接客業をしている人たちの間で「気前のいい国民」というのは、ドイツ人、イギリス人、アメリカ人で、「気前の悪い国民」というのはイタリア人、フランス人そして・・・日本人も入るそうです!!

タクシーのチップ

チップは特になくても大丈夫です。運転手さんもチップを特にあてにして仕事はしていません。ただし、急いでもらった時や、重いスーツケースをトランクに入れてくれたりとお世話になった時は、チップを少し渡すとスマートです。

その場合のチップの額は、端数を切り上げお釣りをもらわない(14,50ユーロだったら15ユーロ)、手元にある小銭を降りるときに渡す、といった感じです。タクシーは一期一会ですが喜ばれますよ!

私は個人的に、急いでもらった時、車がとてもキレイだった時、話が弾んだ時、そしてスーツケースをトランクに入れた時は端数を切り上げて支払をしています。

関連記事

  1. スペイン留学&ワーホリ中の盗難被害の対処法

  2. スペイン留学中の節約法:お米をお鍋で炊く

  3. フラメンコ&アンダルシア好き必見のブログ

  4. スペインの冬のセール

    スペインの冬のセールってどんな感じ?